亥鼻城(いのはなじょう・別名、千葉城)

所在地

千葉県千葉市中央区亥鼻1-6-1

交通

JR総武本線千葉駅よりバス大学病院行、郷土館下車徒歩3分または、JR本千葉駅より徒歩15分

築城年

1126年(大治元年)

築城者

千葉常重

主な城主

千葉常重、千葉常胤ほか

主な遺構

天守閣(模擬)、石塁、土塁

訪問おすすめ度(5段階評)

城の背景/1126年、千葉常重によって築城され、330年間ここを拠点として勢力を振るったが、1455年、一族の内紛によって落城、そのまま廃城となる。千葉氏の全盛時代は常胤の時で、鎌倉幕府成立に功を上げ、源頼朝から「第2の父」として仰がれる。戦国時代になると勢力は衰え、北条氏と手を結ぶが、小田原落城とともに千葉氏も滅亡する



天守閣を模した郷土博物館が建っているが、現在改装工事中(平成13年末まで)で遠巻きにしか見られなかった。


敷地内の神社に、城址と刻まれた碑があった。裏に色々書いてあったが、かなり古いものらしく判読は難しかった。「ここが猪(亥)鼻城址で、千葉氏の居城でした」というようなことが刻まれていることはわかった。



「石器時代の砥石」…らしい。
きっと本当なのだろう(笑)

公園の一角にある茶店「いのはな亭」。
「いのはな団子」が美味しそうだったので
買おうとしたが「本日売り切れ」とのこと。
踏んだりけったりである(笑)
(2001.8.19記)

戦国・史跡ファンによるご感想と情報

何平 殿

千葉の八千代市に住んでいますが、亥鼻城に一度行った事があります。歴史ではあまり目立っていないけど、陰ながら歴史を刻んだ大名などが大好きです。 (03.2.23)

zeta357g 殿

免震構造の天守閣が見所ですね(笑)。博物館は入館料60円で、千葉市についての資料がこれでもか!と言わんばかりに置かれていて、結構勉強になりました。でも、個人的にはモノレールの方が印象は強いですね(爆笑)。(06.8.19)


貴殿の投稿が、この頁を作ります。何卒ご協力を!


この紹介文についてのご意見、またはこの史跡にご自身で行かれた時の感想などを
お聞かせくだされ。追って、当頁に掲載させていただきます。


メールアドレス

お名前(ハンドルネーム)


写真館入り口へ