小 諸 城

所在地

長野県小諸市小諸

交通

JR信越本線小諸駅下車徒歩3分

築城年

天文23年(1554年)

築城者

武田信玄、山本勘介

主な城主

馬場信春、仙石秀久

主な遺構

石塁、三の門、大手門

訪問おすすめ度(5段階評)

★★★3

城の背景/武田信玄が小笠原氏の鍋蓋城、乙女城を攻め取って合併し、築城した。設計は軍師・山本勘介のものといわれる。武田家滅亡後、城主は頻繁に変わるが、1702年、牧野氏が入城し、代々世襲して明治を迎えた。

現在「懐古園」として公園化されており、
園内には小諸神社、島崎藤村の博物館、動物園、遊園地がある。
写真は「懐古園」の額を掲げる三の門で、大手門は駅のそばに残る。
小諸といえば、「揚げまんじゅう」が名物。
駅前のそば屋などで販売しているので、お試しあれ。(1994年 訪問)


小諸神社(2000年11月再訪問・撮影)

戦国・史跡ファンによるご感想と情報

おみさ 殿

母の実家が小諸なので幼い日なんかは良く夏休みに行っていたのでこのお城は親しみがありますね。学生時代も学年総動員でこのお城に行ったので、(一応東京の学校です)この城には因縁めいたものさえ感じます(笑)。
商業的な部分も感じてしまう所はありますが戦国時代からの風景がほんの少し感じる場所もあります。このお城は関が原の時に徳川秀忠が真田と戦をした時に秀忠軍がいた場所としても歴史に刻まれていますよね。新幹線も通っていないので観光としては不便さもありますし、小諸は坂がとても多い土地ですが、坂を登っていくと歴史を肌で感じる所がまだまだ沢山ありますよ。(他にもかなりあります。小諸城からだいぶ上に登りますが) (03.12.28)

哲坊

公園や遊園地のほかに、子供の頃の記憶の中に「城」があるというのは羨ましいですな(笑)。小諸をはじめ、信州には真田や武田の史跡のほか、温泉も自然も多いので大好きな土地です。(03.12.28)

ZOOisami 殿

おみさ様と同じく、ワタクシの父も小諸市出身で、父から小諸城についてはよく聞いています。今年のGWには上田城に行ってきたのですが、今度の休みには父と一緒に小諸城のほうにも足を伸ばしてみたいと思っています♪

ネットで調べてみても小諸城については結構不思議におもっている点が多いので、実際に見て自分で観察してみます!!(04.5.30)

哲坊

不思議な点というのは、どんな所でしょうか? 行かれたら、是非感想を聞かせてください。(04.5.30)

おみさ 殿

信玄が座った岩があるらしいと聞いていますよ。探してもありませんでしたが・・・上田城に続き母の地元の城に帰ってきた、おみさでございます。幼い時、高校生時代に見た風景とまた違っていました。なにか年齢が見方を変えているような感じです。

子供たちが多くお昼に芝生でお弁当を食べている方たちが多かったですね。しだれ桜の咲く頃だったのでとても綺麗な風景でしたよ。(04.6.22)

哲坊

信玄岩…興味深いです。確かに、同じ場所でもその時の年齢や知識によって、全然違う印象を受ける場合がありますな。ここも、また10年ぐらいしたら行ってみよう(笑)。(04.6.22)

孫六 殿

はじめまして、孫六と申します。私は生まれも育ちも小諸です。地元の私から見ても小諸城はいい所ですよ。(遊園地はいただけませんが・・・)高校時代に弓道をやっていたのですが、夏は小諸城内で練習をしていました。古の空気を肌で感じられて充実した気分でしたよ。(04.10.5)

音夢(ねむ)

今年の春、突然主人がどこかに桜を見に行こうと言い出した。この時期になって、咲いてる所などあるものか、と思いつつインターネットを開いたら、小諸城開花とある。早速甲斐の国から出発しました。城内のお蕎麦屋さんの美味しかったこと、他に比べて桜の花が、優しく見えたこと、城壁の上から見た桜の海は圧巻、涙が出そうになったこと、お城の近くで頂いたコーヒーの美味しかったこと、帰りの野辺山は雪だったこと、忘れられません。来年も絶対行こう、病気の再発なんて絶対させない。信濃の国は素晴らしいですネ。 07.12.22


貴殿の投稿が、この頁を作ります。何卒ご協力を!


この紹介文についてのご意見、またはこの史跡にご自身で行かれた時の感想などを
お聞かせくだされ。追って、当頁に掲載させていただきます。


メールアドレス

お名前(ハンドルネーム)


写真館入り口へ