関ヶ原 古戦場

所在地

岐阜県関ヶ原町の一帯

交通

JR東海道本線関ヶ原駅下車

訪問おすすめ度(5段階評)

★★★★★5

御存知、天下分け目の関ヶ原合戦の舞台。あくまで古戦場なので、特に目立つものは何も残っていないが、付近一帯の各武将の陣跡には石碑や幟が立っており、戦国ファンなら充分感慨にひたれる。ただし、すべてをまわるには丸一日かかるので効率よく見て歩く必要がある。家康の最終陣地そばには関ヶ原資料館があり、合戦資料を紹介、のれんなども販売している。

また、車で10分ほどの距離には「関ヶ原ウォーランド」という施設がある。関ヶ原の戦場がコンクリートの人形で大雑把に再現されているが、人形の造りがへぼいのであまりオススメはできない。ただ、なぜか武田信玄が居たりして、突っ込み所は満載なので時間に余裕がある方は、話のタネに立ち寄ってみると良いだろう。 (1999年8月 撮影)

関ヶ原布陣図



東軍戦死者の首を埋葬したといわれる東首塚。
駅の南には西首塚もある。
(上図・井伊直政陣のあたり)

徳川家康・最終陣地跡(首実験場)
当初、桃配山に陣を布いた家康だったが、
戦況思わしくないと見るや前進を命じ、
この地に陣を移した。(上図・田中吉政陣のあたり)


笹尾山・
石田三成陣跡から、関ヶ原がほぼ一望できる。


本多忠勝陣跡十九女池付近。今は民家の庭にある。


松尾山・小早川秀秋陣跡
事実上、西軍敗走の原因となった裏切りを、秀秋はこの山の上から命じた。

「関ヶ原」のれん1
(家康最終陣地近くの、資料館にて購入できる)



「関ヶ原」のれん2
 

関ヶ原の合戦ポスター1
(哲坊作 1993.2)

関ヶ原の合戦ポスター2
(哲坊作 1993.2)

 

戦国・史跡ファンによるご感想と情報

オサム 殿

関が原の地は、格別な思いがあり、すでに3回は赴きました。柏原宿を数時間歩き、お寺の名前は忘れたのですけれども、かっては、織田信長・豊臣秀吉・関が原の戦いの直前には、小早川秀秋も宿泊したという古刹へも行きました。

私の当初のイメージでは、この関が原の古戦場は広大な土地での各陣ゆとりを持った戦いという感がありましたが、実際現場に行くと、私のイメージとはかなり違い、各武将の陣地はひしめき合っていました。この陣形であれば両軍、伝令を発する場合、それほど支障をきたさなかったのではと思います。天下は天下人となる人物だけが取れるものだと思います。やはりこの当時では、家康が抜きん出ていたのではないでしょうか。

哲坊

自分も関が原には数回訪れていますが、確かに、あの狭い盆地に20万人近い大軍がひしめき合っていたのは凄いことだと思います。

道輔 殿

今度初めて関が原に行きます。私個人的には大谷吉継の陣跡に行きたいと思っています。どちらかというと西軍派なので西軍の武将の動向を詳しく調べてみたいとおもっています。

哲坊

おお、それは是非、感想を聞かせてくだされ。

理哉斗 殿

関ケ原に是非行ってみたいと思っていますが、見所など教えてもらいたいのですが、ここは絶対に行け!という場所があったらおしえてもらえますか?僕も西軍派です!

哲坊

西軍派ならば、なんといっても笹尾山の三成の陣跡でしょうな。あとは、関ヶ原の駅に、主要武将の陣跡が書かれたマップが置いてあるので、それを参考になさると良いでしょう。中心部なら、徒歩半日ぐらいで結構回れる距離です。松尾山や大谷吉継の墓などはちと遠いのですが。

刃無列賭 殿

初めて関ヶ原にいきました!資料館とか、見ていて面白いところがいっぱいありました。(2001.8.20)

牧内 殿

笹尾山の石田三成陣跡から写真を撮って帰ってきました。時間がないときはせめてここだけでも行けるといいと思います。

私は鹿児島出身なので、島津義弘の陣があそこにあったんだなあ、そして鹿児島まで帰って行ったんだなあ、と・・・。感慨無量。次は「関ヶ原ウォーランド」にも行きたいなあ。(2001.9.4)

犬塚 殿

大谷吉継の墓に、毎年お参りをしている吉継ファンもいます。
(2002.9.1)

悪夢部長 殿

初めて行ってきました。とりあえず家康陣跡には行かず、なぜか石田三成陣跡に足が向いてしまいました。自覚してなかったけど、自分は意外に西軍派?だと思いました。関ヶ原は予想していたより狭い感じで、なんだか生々しいくらい、戦を想像できてしまい、目眩がしました。(03.2.23)

なほきち 殿

初めまして、福岡のなほきちと申します。先日新婚旅行で、歴史好きな主人と共に念願の関ヶ原に行って参りました。わたしの尊敬する大谷吉継のお墓を見つけるのには、ちょっと時間がかかりましたが何とかお参りする事が出来ました。思っていたより薄暗く、淋しい所だったので何だか可哀想で涙が出てしまいましたが、湯浅五助のお墓が隣にあったのがせめてもの救いでした。ひとりぼっちじゃないから良かったです(^-^)

石田三成陣地に登り、周りを見渡して感慨ひとしおでした。あそこに登れば身体で空気が感じ取れる様な気がします。また絶対吉継のお墓にお参りに行きます!!! 今度は絶対にお花とお供えを持って行きます。(03.2.23)

我雅真真子 殿

私は、島津豊久公が大好きです。いつか烏頭坂の墓碑を訪ねたいと思っています。でも、一人では、心細い限りなのです。近々、関ヶ原にやっと行ってみようと決意しました。まず資料館を訪れてみます。そして、どんなところかを知った上で、少しずつ関ヶ原を深めたいと思います。東も西も素晴らしい武将たちの勢ぞろいの戦場ですもの。島津の退き口は、胸のすくような思いです。(03.4.26)

我雅真真子 殿

私の関ヶ原は資料館から始まりました。三成陣跡の笹尾山から はるかかなたに白い帯のような新幹線がスルスル走っているのが見えました。憧れの島津軍の陣跡も見つけて嬉しかったです。さて、大谷吉継のお墓を見つけた時は胸がいっぱいになりました。こんな山の中にず〜っと眠っていたのですね。一人でお参りしたので、山を降りる時に道を少し間違ったのでしょうか。山の中は薄暗くて、辺りには誰も人が歩いていないので 本当に怖かったんです。関ヶ原第一回目の散策は、烏頭坂の豊久公までは余裕が無く、残念でしたが・・次回は豊久公のお位牌のある瑠璃光寺も訪ねたいと思っています。(03.5.8)

哲坊

おお、訪問されたのですな! 吉継の墓は、薄暗い山中ですからな。自分が行ったときは「マムシが出ます」という看板があって、ビクビクしながら歩いたものです。(03.5.8)

のらくろ 殿

見ました!マムシの看板! 大谷刑部のお墓は本当に見つけにくい所にあります。でも残暑厳しい中で行ったので、木陰を歩くのは涼しかったです。石碑もひんやりして気持ちよかったです。刑部のお墓参りすると、頭痛が治ると聞いたことあります。(03.8.19)

なほきち 殿

わたしも見ました「マムシの看板」。でも行ったのが2月だったので、全然心配してませんでしたが^^;;; 頭痛が治るとは初めて聞きました。さすが吉継殿・・・わたしは戻る時、神社の裏に出ました。すぐ後ろに吉継公の碑が建っていたので、お守りしている神社なんだろうなぁと思いました。そういえば、お墓に向かう途中、1人の30代ぐらいの男性とすれ違いました。嬉しかったです。(03.9.23)

みなみ 殿

こんな素晴らしいHPがあるとは歓喜のあまり鼻血が…。私は岐阜県西濃在住、幼い頃から関ヶ原が好きで、昔、資料館で鼻血出しました、今は大丈夫です。合戦時の年齢付きの人物画はたまらないです!オススメです! 会社が南宮山の麓で毛利陣がウロウロしてた辺りですが、関ヶ原を眺めるとどんな想いで彼らはここに居たのかと感じずにはいられない大パノラマですよ。見渡しの良さではやはり三成陣跡に勝る所はないですよね!

地元では各所様々で西軍の落武者が出るという噂があります、霊感は皆無ですが是非逢いたい!きっとここの皆様もでしょうね(笑) ちなみに小学校の運動会で、ささやかですが西軍VS東軍の演目があり、西軍が勝つと大盛り上がりとなります、西軍ファン地元にも多し! ローカルネタで申し訳ないです。(03.11.1)

哲坊

みなみ殿、ありがとうございます(笑)。ここの資料館は、なかなか充実していて、遠路訪れる人をかなり満足させてくれますな。亡霊、祟られなければ是非会って、話してみたいです(笑)。運動会も面白そうですね。今後もよしなに。(03.11.1)

隆信 殿

こんにちは。初めて肥前国より念願の関ヶ原へ行ってきました。ここで予習して(笑)。最初に駅前でマップをもらって、東首塚から、各将の陣所を巡りながら、歴史民俗資料館・笹尾山(三成陣所)・大谷吉隆(吉継)の墓・松尾山(秀秋陣所)では、時間をかけて400年前を偲んできました。7時間歩いて、特に松尾山には苦労しました(笑)けれど、とても良い汗でした。マムシだったのかな?蛇には2匹と会いました(笑) 松尾山では、なんと鹿と遭遇しましたよ。(03.11.30)

バカ殿様

ここ関が原に足をつけた時に、胸騒ぎがしたのをおぼえています。個々の武将達の戦略や熱い思いが聞こえてくる様でした。 (03.12.28)

桜 殿

はじめまして! 私はまだ中学生なので関ヶ原には行った事がないです。ココを見て、「早く行きてー!」と思いましたよ。で、私は島津が大好きなのですよ!(特に豊久が)高校生になって、お金を貯めたら関ヶ原に行きたいです。鹿児島も行きたいです。私の居住地には家康ゆかりの浜松城があるんですよ!

でも、最近は西軍に傾き気味・・・それも、「島津奔る」を呼んだ影響かもです。あと、誰か島津豊久の一生、知ってる人いませんか?ぜひぜひ教えてください!我雅真真子殿、いつか一緒に関ヶ原に行きましょうね。(04.5.30)

歴史は楽しい 殿

私は三成のファンです。2度ほど古戦場には行きましたが、やはり、笹尾山には独特の雰囲気がありますね。次回は、怨敵小早川の松尾山に上ってみたいです。いつも思うのですが、松尾山などの森林の中、どうやって陣を張ったのでしょうね。馬も人もひしめき合っていたのかな。詳しい方、教えていただけるとうれしいな。(04.5.30)

よし 殿

歴史は楽しいさんへ、松尾山は、夏の暑い日に、汗水流して登ってみました。山自体は、当時、切り開き、松尾山を城のようにしようとした意図が感じられる跡を点々と見ました。実際、頂上までは、30分弱かかります。しかし、頂上について、上から見ると、西軍の動きは、全て見通すことが出来るなと感じました。是非、夏じゃないときに、登ってみてください。(04.6.22)

なほきち 殿

先日、やっとお花を持って吉継公のお墓参りに行きました。以外とお花を売っている所が見つからなくて、かなり泣きそうでしたが、何とか見付け、17時前くらいにはお参り出来、安心しました。それ以上遅くなると暗くて怖いからなのですが・・・。昔は杉の木も無くて一面すすきの野原だったので、こんな薄暗い事は全く無かったのでしょう。毎年お参りに行けると良いなぁと思いながら・・・また頑張って働きま〜す!!

桜様、素敵な夢ですね(m^-^m)わたしも、貴女くらいの歳の頃に、もっと日本史を勉強していたら良かったなぁとつくづく思います。いくら後悔しても遅いのですが^^;;応援しています!!!きっと楽しいご旅行になりますよ!(04.7.28)

哲坊

なほきち 殿、墓参ご苦労様です。吉継の墓、昔に行ったきりで写真を紛失してしまったので、もしお持ちでしたら、拝見したいのでご投稿くだされ。(04.7.28)

ボケモンタロウ 殿

7月7日、念願の関ヶ原に行って来ました。念願というのは一寸変わっていて、激戦地の真っ只中で一人野営をすることでした。ビビリながらも頑張りました。甲冑の擦れ音や馬のいななき、更にはうめき声までもしやと思いつつ、歴史を肌と体で感じて満足です。400年前の歴史に思いを馳せ、星空を眺め飯ごう炊さんで堪能できました。

天下分け目の関ヶ原は両軍20万近い軍勢がひしめくには、思いがけず狭かったのには驚きでした。ちなみにおばけはでなかったです。(期待と不安と恐怖も混じりつつ) 寝てしまってからでたかどうかは不明です。今回は車の脇で寝袋でしたが、次回はまともにごろ寝で体感度を更にアップしたいと考えています。本日帰ったばかりで、まだ興奮さめやらずで投稿しました。(ちなみに齢60のおじさんです。失礼しました) (04.7.28)

哲坊

ボケモンタロウ 殿、それは凄い体験ですな! 合戦のあった9月では、すでに寒いかもしれませんし、夏ならではの楽しみ方だと思います。400年前に見えた夜の空、どんな色だったんでしょうか。静かな町だから、今もさほど変わってないかな。(04.7.28)

ニャン天丸 殿

ここのサイトをいつも楽しく拝見させて頂いております。会社でノージャンルの研究発表を毎週することになり、私の最初の発表は関ヶ原にしました。以来、関ヶ原を実際に見たい衝動に駆られ、今年の夏休みは関ヶ原に行ってきます。西軍のれんを買う気満点です。歴史好きの人と一緒に行くので笹尾山と桃配山から両者が出発し、激戦地で落ち会うのが最終目標です。無理かな。(04.8.26)

哲坊

桃配山は意外と離れていたと思いますが、いかがでしたか?(04.8.26)

ニャン天丸 殿

行ってきましたよ!電車の名から桃配山が見えた時には、かなり興奮しました。ただ、あまり時間がなくて「激戦地で落ち合い大作戦?」は出来ませんでした。また行くつもりなんで次回こそは(レンタサイクルを借りて)決行したいと思っています。笹尾山は最高でしたよ。三成が大好きなので泣きそうになりました。(04.10.5)

カズチャン

皆様初めまして。岐阜県大垣市に住む読書・海釣り・登山好きな45歳の会社員です。関ヶ原町内の合戦史跡は ほとんど見てまわりました。それで興味をもったのが、島津の退き口で「島津奔る」ほか島津義弘についての文献も読み漁り、隣の上石津町の歴史資料館にも出向いて島津の退き口についてお話も聞きました。

さらに(趣味が登山なので)「島津奔る」にある 烏頭坂→琳光寺内の長寿院盛厚の碑→勝地峠→瑠璃光寺(島津豊久公墓所)も訪ねました。さらに時山集落から五僧峠→地蔵峠→杉坂峠→高宮まで縦走しました。こうなると もうオタク状態ですねぇ!今年も時山から五僧峠超えを紅葉の秋に行く予定です。このコースはもう5年もすると道路ができ車で峠超えができるようになります。個人的には、なにか寂しい気がして。登山道のまま残しておいてほしいのですか…。

ただ、関ヶ原合戦の島津軍の退却路コースについてですが 疑問に思うことがあります。時山集落から五僧峠までのコースですが上石津歴史資料館の年配の人に聞くと牧田川の源流部を最短で五僧峠まで登ったと聞きましたが歴史書も読みあさりましたが詳しい記述等が無く「鈴鹿山系の登山ブック」の三国岳の阿蘇谷登山コースに昔 関ヶ原合戦の時 西軍の島津軍が敗走していったのがこの道であるとのこと。

この阿蘇谷コースを敗走していったのであれば前述の牧田川源流コースの約2倍の道のりがあります。このコースは今年秋口か来年の早春に走破したいと思います。(この登山コースは6〜9月は「山ヒル」がでるので行かないようにしています。)池宮彰一郎の「島津奔る」を何回も読み感動して そして実際に島津の敗進路を自分の足で踏みしめてさらに充実感に浸るという この上ない贅沢を味わっております。五僧峠には 島津義弘が小林何がしの案内でこの峠を越えていったとのことで「島津越え」ともいうと看板立て札があります。(04.10.5)

哲坊

島津の退き口ルート、走破されたとはすごいですな。それにしても、史跡を歩くたびに「昔の人ってタフだったんだな…」と思ってしまいます(笑)。交通手段が馬しか無かったから当然なんですが。ただ、その道路が出来るために、登山道が無くなるのを考えると、島津軍が観た(かもしれない)風景も壊されてしまうわけで、やりきれない思いがします。(04.10.5)

カズチャン

笹尾山の石田三成の陣地跡から 関ヶ原バイパスを垂井方面に行くと羽柴秀吉(豊臣秀吉)の軍師である竹中半兵衛重治が幼少の頃過ごした菩提山城跡がある岩手山(菩提山ともいう)があり、頂上まで東海自然歩道が整備されていて標高402mの頂上からは関ヶ原盆地や大垣市街が望めます。また垂井町岩手集落には竹中氏陣屋跡や近くの寺に竹中重治の墓もあります。少し関ヶ原から足を伸ばして見てはどうでしょうか。(04.10.5)

カズチャン

会社の元社長に直接聞いた話ですが、関ヶ原合戦の西軍大名で もう一人落ち延びた備前の宇喜多秀家が 一時匿ってもらっていたのが揖斐郡揖斐川町白樫の矢野さんの先祖だそうで毎年 9月15日には 八丈島より(宇喜多秀家は薩摩にも潜伏して 八丈島へ流刑後 その地で没)秀家の子孫の方が 欠かさず お礼参りに来るそうです。

関が原合戦の史跡・古事は 関が原町だけにとどまらず,その周辺の市町村にも 探せばあります。あと 余談ですが 上石津町樫原の瑠璃光寺横にある通称:カンリンヤブの島津豊久公の墓所には 平成9年に当時の鹿児島県知事が 新たに 碑を建立されました。小早川秀秋のような優柔不断な武将もいれば島津豊久のように一命を投げ打って主君:義弘を助ける真の武士もいます。(チェストー!)

ところで、関ヶ原合戦の布陣図を見ましたが 疑問があります。島津義弘は 傍観軍ではないのでは?毛利・吉川・安国寺・長宗我部等とは違うのではないでしょうか? 結果的には退却戦で東軍とたたかったのであるから。(04.10.5)

哲坊

認識の問題ですが、島津は西軍に属しながらも「西軍のため」に戦ったわけではなく、島津家の名誉のために布陣したに過ぎず、石田三成に要請されても東軍に対して積極的に攻撃をかけませんでした。退却戦についても「自分たちが退却するために戦わざるを得なかった」と考えるのが妥当ではないでしょうか?それも戦の勝敗が決した後のことであり、合戦の大勢そのものには影響していないので、私は傍観軍と考えます。もちろん、島津が嫌いなわけではありません。(04.10.5)

東京さえ子 殿

2000年に開かれた関ヶ原400周年記念イベントを見物した事があります。どこからこんなに湧いて出るのか観光客、というくらい、人が多かったです。でも関ケ原合戦の人気の高さが感じられて個人的に嬉しかったなあ。

よく言われる事かも知れませんが、関ヶ原を期に日本人のそれ迄の「自分は上へ行くぞー!」志向と、その後の「自分の分限を守ればいいや」志向が画然と分けられた感じで、やはり大きな意味のある戦いだったと思います。きっと2100年に開かれるであろう500周年記念イベントにも行きたいものです。長生きせねば。 (04.10.5)

哲坊

2100年…、観たいけど無理かなあ(笑)。 (04.10.5)

なほきち 殿

哲坊様、うひゃーすっごいお返事が遅くなってただただ申し訳ありませんですm(_ _)m わたくし、お墓の写真は撮っていないのです。ちょっと恐がりやなもので・・・。でも良く考えてみれば吉継公の幽霊なら恐くないよなぁ・・・。来年家族が増えるので、次に行けるのはおそらく3年後ぐらいだろうと思うんですが(勝手に、吉継公に報告お参りをしようと計画中です。子供にも関ヶ原を見せたいですし。)、哲坊様にそう言われますと写真を撮っておけば良かった・・・とちょっと後悔してたりしますので、撮ってみます。おそらくその頃には既に哲坊様が写真をご不要になっておられるだろうと思いますが。2100年・・・うわー500年祭!!でもわたしは微妙だ・・・^^;;子供に託そうかな(笑)。(04.12.31)

桜 殿

初めまして。カズチャン様のように「島津奔る」を読みながら島津軍の退路をたどる…とてもうらやましいです。今受験生なので、高校生になったらぜひ関ヶ原に行きたいです。もちろん「島津奔る」を持って(笑)

島津軍の退路も舗装されてしまうと聞くと、何か物悲しいですね。舗装されないうちに行きたいものです。やはり関ヶ原は一日では回りきれませんよね…^^;。500年祭…2100年かぁ。其のころにはもうよぼよぼです(苦笑)出来れば行って見たいものですが…(05.1.24)

ニャン天丸 殿

>なほきち様

去年の夏に関ヶ原に行った時に、吉継公のお墓で写真を2枚取りましたが、帰宅後確認したら酷いピンボケでした(笑)。たたりではなく、私の写真の腕が悪いだけだったみたいです。関ヶ原500年祭り・・・生きていたら119歳。行けるかなぁ。(05.3.23)

カズチャン

3月19日土曜に笹尾山の石田三成陣地跡にて火縄銃の実演等の催しがありました。火縄中の火蓋を切ったときの発射音がすさまじく長篠の合戦や 関ヶ原合戦のように 大量の鉄砲の発射音(地鳴りのような)や法螺貝や叫び声等阿鼻叫喚の地獄絵図のようだったに違いありません。

余談ですが、ネットで「島津義弘の関ヶ原の戦い」を検索すると「島津豊久公」の鎧が現存するではありませんか!(疑いの余地はありますが・・・)確かに胴部分に(本多兵による)槍の刺した跡が数箇所あるみたいですが?

>桜様

私が関ヶ原合戦に興味を持ち始めたのも、桜様のように中学生の頃で、確か司馬遼太郎の「関ヶ原」を本屋で買って読んだ覚えがあります。私の学生時の社会の授業では野外学習も多くあり、大垣市近辺の名所旧跡もよく見学に行きました。高校・大学としばらく勉強や登山に明け暮れ、就職して職場の人の父親の葬儀が 上石津町上多良にてあり 出席した時に島津豊久公の墓所を目にしまして 再び関ヶ原合戦にのめり込んで行きました。私にも中3と小4の息子がいますが、将来島津の退き口(時山集落〜高宮)を一緒に登破したいです。

以前にも記述しましたが 関が原合戦の参考資料は関が原町だけでなく 周辺の町村にもあり、私の興味のある「島津の退き口」については、養老郡上石津町内のR365から 牧田川を渡った高台に「上石津町歴史資料館」があり、そこに島津の敗走路について詳しい資料の展示コーナーがありますので、機会があればご覧ください。また 島津の別働隊の敗走路である牧田川渡河後、養老山麓の南側を駒野から「二之瀬越え」で十社に至るコース(自家用車でですが・・・)も見てきました。(05.3.23)

USO800 殿

私も関ヶ原古戦場を2000年にくまなく回りました。皆さんが大谷吉継の墓をご訪問の折、立て看板に敵将藤堂高虎が建立したとの記述お気付きでしょうか。とても奇異に思ったのですがこれを見て納得しました。(05.11.19)

関ヶ原っ子 殿

私は生まれてからずっと関ヶ原に住んでいて、一歩家を出れば名所がゴロゴロしています。秋に関ヶ原フェスティバルがあり、合戦太鼓や武者行列や合戦を歌にしたものが披露されます。昔はよく火縄銃をうちまくり、合戦の再現もされていました(今もやってるかも)。 (05.11.19)

カズチャン

8月6日に鹿児島県日置市伊集院町の少年たちの「関ヶ原合戦島津踏破隊」に参加しました。島津豊久公墓所の瑠璃光寺から五僧峠越えして多賀大社まで踏破しました!40キロ位の行程を真夏の35度もある気温の中で踏破した時は疲労もさることながら「島津の退き口」を自分もたどったという充実感で嬉しくなりました!夢が実現できた喜びで一杯です。

たらればでもし関ヶ原合戦時毛利輝元が豊臣秀頼を担ぎ出して徳川家康を成敗する気概を見せたなら小早川と吉川の裏切りもなく家康は陣場野で首実験されてその後の日本史は大きく変わっていたでしょうね!でも現実は徳川家康の合戦前の根回しで勝敗がすでに決定していたようなものですからね!270年後に長州藩中心の倒幕運動で徳川幕府が倒されるのですから歴史って面白いですね!(05.12.19)

なほきち 殿

>ニャン天丸様
初めまして♪写真撮られたとの事、羨ましいです!でも・・・ピンボケになっちゃったんですね^^;;;ドンマイです。子供が産まれて、先日は大河ドラマ「毛利元就」の名所を巡ろうと親子3人で安芸郡山に行って来ました。郡山城址まで、6ヶ月の娘を抱えてエッホエッホと山道を20分ぐらい歩いて腰に来ましたが良い旅になりました^^;;; 次回は出雲大社へ安産お礼のお参りに行くので道すがら月山富田城へ行きます。そしてもう少し大きくなったら関が原に連れて行きま〜す!!(05.12.19)

岐阜市在住 殿

関ヶ原町はいつも通過ばかりなのですが最近始めて史跡に行ってきました。今度はカメラを持ってゆっくり見て来たいと思います。(05.12.19)

智拳印大日如来 殿

ここまでお出でになったら、竹中半兵衛の菩提山城跡まで行ってみませんか?今は幼稚園になっていますが、すぐ横に菩提寺があって、半兵衛と息子半助重門の墓があります。また、そばの酒屋にはズバリ「竹中半兵衛」って地酒もありゃーすぞ、←岐阜弁です。07.5.5

しんべえ 殿

関が原ではありませんが、昨日「小早川秀明」殿のお墓参りに行ってきました。宇喜田の後、岡山城主でもあったのに、そうは思えない寂れたお寺に葬られていました。07.5.5

えりっぺ

大谷吉継のお墓、私も写真とりましたがなぜかこの写真だけピンボケでした。私は神奈川県民ですが関ヶ原は三度訪ねました。夏、冬、春と。地図を持っていったのに丸山の烽火場がわからずじまいでした。やはり笹尾山からの眺めに胸を打たれました。07.12.22

関ヶ原っ子2

私は関ヶ原生まれの小学生です。私の通っている小学校では、「関ヶ原合戦語り太鼓」というのがあって、毎年4年生の子が、厚紙などで作った甲冑を着て語りをやります。そして4〜6年生までの子で結成された、太鼓クラブで、昔の関ヶ原合戦を表現します。私はその太鼓クラブをやっていて、年中いろいろなところに出演します。夏休みは、太鼓保存会の方の指導を受け、クラブの活動時間には、一生懸命に練習します。練習は大変ですが、がんばりたいと思います。興味のある方は、ぜひ!見に来てください!!07.12.22

三重賢人

始めまして! 先日、関ヶ原の古戦場に行って来ました。あいにくの雨模様だったのですが、とても感慨深いものがありました。コメントの中にもあったのですがリアルに石田三成陣跡にマムシの死体がありました。

ちょっと焦ったのですが、その他にも野生の雉などもいてものすごく自然を感じました。関ヶ原に来た方は、不破関という関所跡があるので是非行って見たらいいものかと思います。09.5.11

※このページに多数の投稿をいただき、大いに盛り上がっており、
管理人としては大変嬉しい限りなのですが、
まれに、関ヶ原とは関係のない内容の投稿をいただくこともあり、困惑しています。
個人に宛てたレスや、コミュニケーションを目的としたやりとりは、
このページではなく、
掲示板でお願いできないでしょうか?

当ページは掲示板ではなく、あくまで「史跡の情報を紹介する」ページですし、
リアルタイムに投稿を反映するわけではない(管理人の都合で更新が遅れることがある)ので、
掲載にもタイムラグが生じてしまいます。
そんな理由で、何通かの投稿は泣く泣く没にせざるを得ない状況にあります。
上記に既に掲載済みの投稿は折角のものですので、そのまま残しますが…。

ということで皆様、せっかくのコミュニケーションの場である、掲示板にもどうぞご参加ください。
また、他の史跡ページも細々とではありますが、更新していますのでぜひご覧ください。
もちろん「関ヶ原」の情報や感想は、ここで引き続き大歓迎です。
ご理解とご協力をお願いします。 哲坊

貴殿の投稿が、この頁を作ります。何卒ご協力を!


この紹介文についてのご意見、またはこの史跡にご自身で行かれた時の感想などを
お聞かせくだされ。追って、当頁に掲載させていただきます。



メールアドレス

お名前(ハンドルネーム)


写真館入り口へ