宇 佐 神 宮

所在地

大分県宇佐市

交通

JR日豊本線宇佐駅下車バス

訪問おすすめ度(5段階評)

★★★★4



邪馬台国の所在地としても最有力候補といわれる宇佐市。
その宇佐に古くから存在し応神天皇、
神功皇后を祀った宇佐神宮は全国に有名である。
右の写真は、境内の三之神殿と呼ばれる所を写しており、
作家の高木彬光氏は小説「邪馬台国の秘密」で、
この三之神殿の手前の白砂の中に、卑弥呼の棺が
眠っていると書いている。聖地なので学術調査は不可能といっていいが、
もし本当なら、卑弥呼はこの下で1800年もの謎を秘めたまま
眠っていることになる…。(1994.11)

2002年正月、
7年ぶりに行って参りました。その時の写真を追加します。






入口付近の橋。

境内の美しい庭園。

朱い木の灯篭と石の灯篭が
階段に沿って並ぶ。

お守りも沢山。

野ざらし…のような印象を受ける能楽堂。

(おまけ)近くにある杵築城。

(2002.1.14)


戦国・史跡ファンによるご感想と情報

佐藤夫美 殿

今日、初詣で宇佐神宮に行ったのですが、
すごーくガッカリ!!!!しました。それは屋台が余りにも多く、そこから出たゴミの散乱で地元民として恥ずかしいというか掃除ぐらいしろ〜、ここは神聖な場所なんだからさ〜と言いたくなりました。この前はお伊勢さんに行ったのですが、あそこはやはり掃除がいきとどいてますね!!(2001.1)

sessy 殿

『邪馬台国の秘密』は何度も読みました。宇佐神宮の亀山が前方後円墳であるのが良く分かる航空写真が見てみたいものです。どこかにありませんか?神殿地下の学術調査が実施されることを願います。
「とうぜん、その石蓋が開かれることがあったなら・・・その時こそ、千数百年の謎をひめた『親魏倭王』の金印は、燦然と黄金の光をはなつかも知れませんね・・・」
この小説の最後の台詞・・・何度読み返してもワクワクします。
(2001.5)

みっちぇる 殿

ここには皇族のみが通れる屋根付きの橋もあるよ
余談だけどお店で売っている漬物はものすごく美味しかったよ(2002.9.1)

エニワン・ポイント・スリー? 殿

なぜ宇佐八幡宮は奈良時代に突然皇室の祖先神として登場してきたのでしょうか? それが一番不思議です。 (03.10.12)

隼人 殿

宇佐神宮が何故に、ここまで皇室にとって重要な役割をもつのかといえば、やはり邪馬台国との関係を考えなくてはならないと思いウェブ検索してみたら、その説は結構支持されているんですね。
そこが昔邪馬台国と関係した場所なら、今、何もなくて原野になったり、単なる野山であることは考えにくい。やはり、聖地として、代々受け継がれているだろうし、過去にも相当重要な役割を与えられていただろう。そう考えれば、宇佐神宮は、それにぴったり当てはまると思う。(03.12.28)

ニサオ 殿

小学生の頃、和気清麻呂が宇佐に道鏡を天皇にしてよいか、どうかの神託を伺いに行ったことをしりまして、何故、宇佐なのかと不思議に思っておりました。それから30年後、高木氏の「邪馬台国の秘密」を読みまして、目から鱗がとれたような気持ちになりました。「逆説の日本史」の井沢元彦氏も高木説を支持されております。お二人の著作を読みますと、実に分かり易く、筋がピンと通っている。黙っていられず、いろんな方に、その説を紹介しました。素直に聞き入れる方もおりますが、頭から聞かない方もいらっしゃる。その方々の根拠はといいますと、宇佐には目だった弥生時代の遺跡がないから、とおっしゃいます。しかし佐賀で発見された大遺跡の例もあります。今まで発見されてないと言って、打ち消せるものではありませんよね。(06.3.9)

貴殿の投稿が、この頁を作ります。何卒ご協力を!


この紹介文についてのご意見、またはこの史跡にご自身で行かれた時の感想などを
お聞かせくだされ。追って、当頁に掲載させていただきます。


メールアドレス

お名前(ハンドルネーム)


写真館入り口へ