米沢城(上杉神社)

所在地

山形県米沢市丸の内松岬公園内

交通

JR奥羽本線米沢駅からバスで10分、上杉神社前下車

築城年

1238年(暦仁元年)

築城者

長井時広、伊達晴宗

主な城主

伊達宗遠、伊達政宗、蒲生郷安、直江兼続、上杉景勝

主な遺構

濠、土塁

訪問おすすめ度(5段階評)

★★★★4

城の背景/伊達・上杉の居城として有名。伊達氏の入城前は領主とその家臣の屋敷などの集落に過ぎなかった。1548(天文17)年、伊達晴宗が居城だった西山城からここに本拠を移し、大改修を行った。1567年、孫の政宗はこの城で産声をあげている。

のち政宗が陸前に転封になると、蒲生氏のものとなり、その後は越後・上杉景勝の重臣、直江兼続が入る。関ヶ原の後、上杉景勝は、会津120万石から30万石に減封され米沢城に移る。以後、明治6年に取り壊されるまで上杉氏は13代にわたって城を治めた。

 

もともとは伊達の城として有名だが、徳川時代には上杉の領地となる。現在はめぼしい建物はないので、城跡というよりも神社と公園がメイン。公園内に上杉神社、宝物殿(稽照殿)、上杉博物館などがあり、内部には上杉謙信や直江兼続の鎧や兜、上杉ゆかりの貴重な品々が展示されている。上杉ファンは必見だろう。売店で販売している名物の米沢牛串焼き、玉こんにゃく(おでん風)は美味!

毎年、新暦で謙信の命日にあたる4月29日〜5月3日は「上杉まつり」が駅前の河原で開催される。(2000年8月訪問)


境内にある上杉神社の祭神・上杉謙信の像。

上杉家10代、名君として名高い上杉鷹山(治憲)も、謙信とともに祭神とされている。

中心部には本殿があり、お守りなどを販売。

春日山から移された上杉謙信の遺骸が
安置されていた場所。米沢城本丸の南東に位置する。
現在、遺骸は
廟所に移されている。

拝殿の脇にある宝物館「稽照殿」。
内部では謙信直筆の書状、旗印、具足、
有名な直江兼続の「愛」の前立兜などを展示。
かなり見応えがあるので必見。

徒歩15分ほどの位置にある、林泉寺には直江兼続夫妻の墓がある。
同じ境内には上杉謙信の姉・仙桃院や、景勝の側室となった菊姫(武田信玄の娘)、
家臣の甘糟景継などの墓もある。

 

戦国・史跡ファンによるご感想と情報

上杉家家臣 殿

米沢出身者、先祖代代上杉家につかえてきたものです(笑、でもほんと)。上杉神社、評判いいらしくて嬉しいです。ちなみに最近すごい立派な博物館がすぐ側にできました。ほんとに立派、しかも上杉神社の景観も損ねていないので、ぜひ皆さん、いらして下さい。サクラの季節(4月後半)が綺麗ですよ。何か米沢の宣伝ですね(笑)。

上杉神社からちょっと離れたところに踏み切りがあるのですが、その手前にあるお寺には「関東管領上杉憲政の墓」があります。長男某さんとか、そういうお墓もありますし、何を隠そう、わが一族郎党の墓もあります(笑)。(2001年12月)

肥前守左馬之助 殿

拙者としましては、この城、伊達の物というイメージが強うござりまする。この城であの独眼竜が生まれたのですから。(2002年3月)

林添筑前守冶一郎 殿

関が原の敗戦により、家臣の家に主君が、転がり込んだわけだが、そんな中でも、兼つぐに、六万石を分け与える主従関係。深いですな。(2002年5月)

茜 殿

私の先祖も上杉家に仕えてました(しかもそれなりに位が高かったそうで・・・)うちの親はことのほか鷹山公をあがめてます。小さいころから鷹山公の話ばっか聞かされてました。上杉神社には毎年5月の上杉祭りのときに行きます!!目の前でちゃんばらや鉄砲隊が見られてとっても楽しいですよ!!毎年いろいろと趣向を凝らしていて飽きません。信玄ファンも楽しめると思います。ぜひいってみて欲しいです。(03.2.23)

うさぎだぴょん殿

2003年5月31日より6月29日まで上杉神社の前面の米沢市上杉博物館で上杉氏印章展がひらかれました。展示物には上杉家の印章や戦国大名の直筆書状などが展示されました。

謙信、景勝はじめ武田勝頼、豊臣秀吉、足利尊氏、足利義満、石田三成、伊達政宗など国宝の書状が多数展示され、各自の個性ある字体に見入ってしまいました。三成は景勝と連絡を取り家康を挟み撃ちにする計画でしたが、途中で頓挫しました。内容は読めませんでしたが、字体がとてもきめ細かく三成の性格が見えたようでとても興奮しました。(03.7.8)

すごぅ 殿

民にも慕われ武田信玄という猛将に一歩も引かない上杉謙信。非常に好感の持てる武将の一人です。神社があったという事初めて知って行きたくなりました。(04.5.30)

上野守 殿

ここは何度行ってもいいですよね!武田・上杉ファンの私としては、ここの稽照殿と恵林寺の宝物館は何度行っても飽きません! 小耳に挟んだのですが、謙信と言えば、あの頭巾姿を思い浮かべますが、ここには、あの頭巾も収蔵されている様ですね!殆ど一般に公開される事は無いみたいですが、一度拝顔の栄に欲したい限りです!(04.8.26)

奇妙丸 殿

自分の中で上杉家の城「米沢城」っていう期待が大きすぎたせいか、行ってみてちょっとがっかり。仙台青葉城もそうだったのですが、中途半端に整備されてしまったという印象。上杉神社と呼ばれているくらいなのでしょうがないのかもしれませんが、まさに神社に行ってきましたっていう思い出でした。(05.7.11)

ルーシィディティ

地元です♪こちらのページで紹介している具足や書状が展示されているのは、公園前の博物館じゃなくて、本丸(神社本殿)の右にある稽照殿のほうなので見にくる方はご注意くださいね。GWになると上杉祭りと洛中洛外図の公開や、博物館で武将の特別展を開きますがとても混雑します。稽照殿は平日もやってますので人ごみの苦手は人はGWは避けたほうがいいかも・・・。07.12.22

 

貴殿の投稿が、この頁を作ります。何卒ご協力を!


この紹介文についてのご意見、またはこの史跡にご自身で行かれた時の感想などを
お聞かせくだされ。追って、当頁に掲載させていただきます。


メールアドレス

お名前(ハンドルネーム)


写真館入り口へ