since1999


当サイトの文章や画像の著作権は哲舟に、一部借用・引用画像の著作権は
作者および各メーカーに帰属します。無断転載をお断りします/管理人・哲舟

武将列伝

曹操

郭嘉

夏侯惇

夏侯淵

劉備

馬超

関羽

張飛

趙雲

程普

甘寧

孫堅

孫策

孫権

董卓

袁紹

袁術

呂布

陳宮

三国志ゲーム・映像作品・読み物レビュー

三國志

三國志2

三國志3

三國志4

三國志5

三國志6

三國志7

三國志8

三國志9

三國志10

三國志11

天地を喰らう

天地を喰らうII
赤壁の戦い

天地を喰らう・RPG

真・三國無双

真・三國無双2

真・三國無双3

真・三國無双4

人形劇三国志

三国志・諸葛孔明

ドラマ・三国演義

女于禁の三国志

映画 三国志

吉川三国志

三国志演義

正史三国志

柴錬三国志

秘本三国志

反三国志

北方三国志

横山光輝 三国志

蒼天航路

天地を喰らう


三国志との出会い   三國志VII奮闘記

次回『三国志フェス』は、2015年1月or2月
横浜産貿ホールマリネリアで開催予定!
 
2013のレポート 2012 Miniフェスのレポート 2011のレポート  2010のレポート
 
管理人・哲舟のブログ
 

ドラマ『曹操』 オフィシャルブログ

ドラマ『三国志 Three Kingdoms』 オフィシャルブログ
2012年4月〜8月、BSフジにて放送された全話を解説しました。


全国 関帝廟ガイド


横浜 関帝廟
横浜中華街・関帝廟通りにある、日本で一番有名かつ大規模な関帝廟。
【横浜市中区山下町140】

東京媽祖廟(まそびょう)  ※レポート追加予定
2013年、東京都新宿区の「大久保」駅前に現れた台湾と日本の文化交流の場。台湾華僑の方が個人で設立したとのこと。建物は4階建てで、3階本堂の媽祖像の隣に「關聖帝君」像がある。
【東京都新宿区百人町1-24-12】(
公式サイト

秩父 神怡舘(しんいかん)
秩父の山中にある、「埼玉県山西省友好記念館 神怡館」内に、高さ80センチほどの木製関羽像が鎮座している。詳細は
ブログのルポをどうぞ!
【埼玉県秩父郡小鹿野町両神薄2245】(
公式サイト

大阪 清寿院 ※レポート追加予定
清寿院内にある関帝廟で、本尊は1764年に中国から伝来。拝観無料だが、見学の際は門の脇にあるインターホンを押して声をかけること。
【所在地/大阪市天王寺区勝山2-6-15】(
公式サイト

大阪 なんば関帝廟
難波のショッピングモール・上海新天地内の一角にある。2002年〜2007年までは千里中華街に置かれていたが、中華街の閉館にともない移転した。
【大阪府大阪市中央区日本橋2-7-5】(地下鉄日本橋駅5番出口より南へ徒歩5分、または南海なんば駅南口より東へ徒歩5分)

神戸 関帝廟  ※レポート追加予定
俗に「南京寺」と呼ばれ、正式名「慈眼山長楽寺」。現在の本尊(関羽像)は台湾で作られ、1953年に船で運ばれてきたそうだ。神戸中華街からは結構離れているので注意(徒歩20分ほど)。参拝は無料。
【所在地/神戸市中央区中山手通7-3-2(JR線・阪神線元町駅徒歩15分)】
参考1) 

長崎・崇福寺 
1629年創建の唐寺。護法堂に関羽像がある。関羽像はとても古いもので、髭が抜けてしまっているのが特徴。
【長崎市鍛冶屋町7-5】 拝観料300円

長崎・興福寺
1620年創建の寺。護法堂の中に関羽像がある。
【所在地/長崎市寺町4-32】 拝観料200円

京都 黄檗山萬福寺内  ※レポート追加予定
1661年建立。中国の明朝様式を取り入れた、いわゆる唐寺。一度も火災に遭わず、江戸時代(4代家綱のころ)に創建された当時の姿のまま。境内の伽藍堂(本堂の大雄宝殿へ向かって右手)に「関聖大帝菩薩」として、関羽像が祀られている。伽藍堂は施錠されており、原則として華僑の人のみ許可を得ての入室が可能だが、通常は堂の外から覗き見るしかない。
【京都府宇治市五ヶ庄三番割34】 拝観料500円(萬福寺全体)(
公式サイト) 

京都 大興寺  ※レポート追加予定
鎌倉時代の1196年、後鳥羽上皇が宮中の女人のために創建した(当時の寺は女人禁制のため)。女人中堂とも呼ばれ、宮中、庶民の信仰を集めた。南北朝時代に足利尊氏が中国から取り寄せ、念持仏として陣中に携帯していたとされる、おそらくは日本最古(中国を含めても最古かも?)の小さな関羽像がある。
※現在は本堂再建工事中。個人宅の建物につき原則非公開
【京都市左京区浄土寺真如町15】(
参考1


函館 関帝廟
清朝末期の雰囲気を醸し出す赤レンガが特徴の中華会館内にあるが、現在は文化財保護のため内部非公開。祭壇には本尊としての関羽像はなく、位牌が置かれている。
【所在地/函館市大町1-12(函館駅前徒歩20分)】
参考1)(参考2

沖縄 天尊廟内
1674年創設。天尊廟の中に小さな関羽像が祀られている。
【那覇市若狭1-25-1】
参考1

立川関帝廟 ※2011年、残念ながら中華街とともに消失しました。
立川駅南口の立川グランデュオ7F立川中華街の一角にあった。
【所在地/東京都立川市柴崎町3-2-1立川駅ビル7階】

 

和歌山 関帝廟
滝見寺(廃寺)に関帝廟が残っているらしい。
【和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山168】 

 

福岡 アジアンタウン(移転)
中央区天神の親富孝通り(アジアンタウン)の駐車場の一角に、小さな関帝廟が2002年末に建てられたが、現在は撤去され、移転準備が進んでいる。

 




三国志系特選リンク

卯金刀

三国志手ぬぐい・北伐

三国志SHOP赤兎馬

三国志八宝茶

三国志ニュース

三国志武将列伝

三国検索

臥竜岡

三国志サーチ

川本喜八郎OFFICIAL WEB SITE

飯田市川本喜八郎人形美術館

逸聞三國志

石城の里・三国志城

三国志シルバーアクセサリー店(単騎がけ)

曹仁救済委員会緑翠庵



当サイトは「各駅亭舎」の一部です。他のページも是非ご覧ください。
リンクはフリーですが事後にでも掲示板、メールにてご報告くださると嬉しいです。


http://kakutei.cside.com/san

文章や画像の著作権は哲舟に、一部借用・引用画像の著作権は
作者および各メーカーに帰属します。無断転載を堅くお断りします/管理人・哲舟


三国志連環

当ページは 三国志連環 に参加しております。
[
次頁 ] [ 無作為移動 ]
[
前頁 ] [ 全一覧表示 ]